クルーズ旅行は、地中海やカリブ海を中心に60代の参加者が増えている理由とは?

クルーズ旅行の魅力

 

クルーズ旅行

 

今、仕事を定年退職した60代で大人気になっているのが、大型客船に乗ったクルーズ旅行です。

 

ここ10年程で、10万トンを超える大型客船が多数造られていて、
外国船を中心にお手軽な値段で行けるクルーズツアーが多数あります。

 

クルーズ船は乗ってしまえば、ストレスフリーで食事は全て食べ放題。
船内にはゲストを退屈させない多数のアクティビティがあります。

 

食事をはじめ、ツアー代金に含まれているサービスが多く最初のツアー代金さえ払ってしまえば、あとはそこまでお金を使わずに楽しめるのもクルーズツアーの魅力です。

 

毎日日中は寄港地で観光をして、船に戻ってコースのご飯。
そして、次の日の朝になれば新しい国に入国している旅行です。

 

60代以上になると、旅行に行くにしてもゆとりのあるスケジュールが必要になります。

 

クルーズ旅行はシニア世代でも、無理なく楽しめる旅行として大人気です。

 

また、国内船では有名どころでは飛鳥2など、ショートクルーズでも100万円前後。
世界一周であれば1000万円かかるという豪華で憧れを抱いている人も多いです。

 

最近のカジュアル船のツアーであれば、平均的な所得でも退職金の一部や、年金とパートで1年程で作れる貯金程度でツアーに参加する事ができます

 

 

 

人気クルーズツアー

 

世界の2大クルーズ

地中海クルーズ

飛行機でヨーロッパに行き、地中海を船で4~5ヵ国回ります。
ヨーロッパは冬が寒く、夏がシーズンです。
シーズンで9泊10日で35万円~
11月や3月など、ちょっと寒いシーズンであれば、20万円程から楽しむ事ができます。

 

カリブ海クルーズ

マイアミやニューヨーク発着で、地中海を回ります。
メキシコ、西インド諸島などが定番の寄港地です。
常夏の国ですが、夏場は暑くなりすぎるので、11月~3月位がメインシーズンです。
安いツアーでは20万円程から楽しむ事ができます。

 

 

 

中級者、上級者向けクルーズに一例

アラスカクルーズ

船上からオーロラを鑑賞できるのが最大の見所です。

 

南米クルーズ

15日以上のセミロングのツアーが多いです。

 

 

 

お手軽クルーズ

アジアクルーズ

シンガポールから船が出るツアーが多く、5日程度のショートクルーズもあります。
安いツアーでは、15万円程から楽しめます。

 

日本発着クルーズ

年に数回、料金が安い外国船が日本発着のショートクルーズをやります。
国内を中心に台湾や済州島(韓国)を回るツアーが定番です。
安いツアーでは10万円程から楽しめます。