高い通信費や交際費などを見直すことで、老年夫婦2人の生活費用をスリムにすることが出来ます。

老後にかかる生活費

 

生活費について

 

老後にかかる費用について考えてみましょう。

 

具体的に会社を定年して無職となって収入がなくなったときにどれくらいの資金を用意しておく必要があるのか?

 

今から心配になっている人が多いでしょう。
しかし老後にいくら必要かというのは、人によって条件が違うはずです。

 

一般的によく言われる老後の1か月の支出が夫婦世帯で23万円~24万円程度という数字ですが、その内訳を見ていきましょう。

 

まず食費ですが、これは60000円です。
1日1人1000円程度を食費に使うといったらわかりやすいですね。

 

水道やガス、電気などの光熱費は、17000円程度、通信費が26000円、保険医療に15000円などが生活費の部分で、その他に教養娯楽費として25000円、交際費として30000円、その他の支出に30000円などいろいろと支出は重なっていきます。

 

近年増えてきたのが、通信費といわれています。

 

インターネット環境が普及して、さらにスマートフォンなどのモバイル通信環境が充実してきたことが挙げられます。

 

特に老年世帯は格安SIMなど格安でスマートフォンを持つ方法などは知らないので、通信費が割高になってしまいます。

 

また老年期になって仕事を辞めてしまうと、普段何をして過ごすかということが重要になってきます。

 

教養や娯楽などを考えることがとても重要になってきます。
習い事やなにかの教室に通うための費用がかかってしまうのは、やむを得ない部分があります。

 

単身世帯では15万円程度が1か月にかかる費用であるといわれています。

 

このように老年の夫婦は、子供の養育費や住宅ローンなど家計を圧迫する支出がないように思われがちですが、締めるところを締めなければそれほど楽な生活を送れるわけではありません

 

上記の費用の内訳を見るなら高い通信費や交際費、その他の支出などを見直すことで老年夫婦2人の生活費用をスリムアップすることができます。