老後からはじめる趣味は、無理なく適度に楽しめるゆるい趣味がオススメです。

老後から始める趣味特集

 

定年退職後の第二の人生を楽しむには、新しい趣味に挑戦する事もオススメです。
ここでは老後から始められる趣味を紹介していきます。

 

 

ゲートボール

ゲートボール

シニア世代の趣味の代名詞です。

 

定年退職直後の60代の人は、「老人のスポーツだから自分にはまだ早い。」などと思って敬遠する人が多いです。

 

確かに、実際にゲートボールをやっている人は、60代後半~70代が多いです。

 

ただ、老後から始められて長く続けられるスポーツという事を考えれば、早めにはじめてみる事もオススメです。

 

60代前半から始めれば、10年後にはその地域のエースになっているかもしれません。
気軽に近所の公園などで始められる点もポイントです。

 

 

 

家庭菜園・園芸・盆栽など

盆栽

日中も時間が作れる老後だからこそできる趣味です。

 

庭を持っていない人でもプランターや盆栽からはじめる事もできますし、地域で安く利用できる市民農園などを探してみるのもオススメです。

 

何かの世話をするというのは、毎日の生活に適度な刺激があるので、老後からはじめる趣味としてオススメできます。

 

 

 

三味線、琴など

老後から始められる楽器を趣味にするのも人気が高いです。
地域の公民館などで気軽に初心者でも参加できるサークルがないか探してみましょう。
老後からも始めやすく、自宅で練習しても騒音が気にならない三味線や琴がオススメです。

 

 

 

観劇・スポーツ観戦など

舞台などの各種演劇を見に行ったり、映画館に足を運ぶ趣味は、
老後の暇つぶしとしてオススメ
です。

 

高いチケットを買うプロの舞台だけではなく、
地域の子供達の習い事の発表会を見に行くのもオススメです。

 

中高生の吹奏楽部の発表会やコンテストに行ったり、高校野球観戦など、
地元の範囲内でお金をかけずに楽しめる事もたくさんあります

 

 

 

ジム

老後の生活で是非取り入れてもらいたいのがジム通いです。
1回の運動量は少なくてもいいので、なるべく頻繁に通うことがおすすめです。
健康の為にいいのはもちろん、ジムに通っている事で、友達や話相手ができる事もあります。